ミカルディスを飲んではいけない人

お腹の大きい妊婦高血圧症とは収縮期血圧/拡張期血圧が140/90mmHgより高くなってしまった状態をいいます。高血圧症は様々な要因によって発症します。食塩摂取過多、癌などによっても引き起こされます。しかし近年最も問題となっているのは生活習慣病です。食生活の欧米化によって、血中のコレステロール値や血糖値が高くなってしまうと、動脈硬化が進行します。これによって血管は柔軟性を失ってしまい、高血圧状態を起こしやすくなってしまうのです。高血圧症治療の中心となるのが薬物療法です。カルシウム拮抗薬、アンギオテンシン受容体拮抗薬(ARB)、アンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、β受容体遮断薬、利尿剤などが用いられますが、中でもARBは高頻度に使用されています。そのARBの代表格がミカルディスです。ここではミカルディスの服用できないケースについて説明します。
まずミカルディスは妊婦が服用することができません。妊娠中には女性ホルモンの作用によって高血圧状態が起こりやすいですがその治療に用いることはできません。これは胎児に対する影響が懸念されるためです。具体的には羊水の減少などが起こり、これによって胎児の発育不全、形成不全が起こってしまうのです。ですから妊婦の方は服用しないようにしましょう。妊婦には主にアリスメットなどが使用されます。
また胆汁分泌の悪い方や重度の肝機能障害を持っている場合には使用できません。これはミカルディスの有効成分のテルミサルタンが胆汁中に排泄され体内から消失していくためで、もし胆汁分泌の悪い方や重度の肝機能障害を持つ人が使用すると血中濃度が通常の3~4.5倍に上昇すると添付文書に記載されています。すると頭痛、低血圧といった副作用が起こりやすくなります。