知っておきたいミカルディスの副作用

頭痛に苦しむ男性高血圧症は収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上の状態をいいます。高血圧症の有病率は年々増加傾向にあります。高血圧症は放置しておくと、脳出血、脳梗塞といった脳血管疾患、心不全などの原因となってしまいます。この高血圧症の治療で最も重視されるのが高血圧状態の是正です。食事療法、運動療法なども行われますが、最も手っ取り早く血圧を下げることができるのは薬物療法です。高血圧症治療薬としてはカルシウム拮抗薬、アンギオテンシン受容体拮抗薬(ARB)が最も高頻度に使用されています。アンギオテンシン受容体拮抗薬の中でもミカルディスは最も広く使用されているものの1つです。
ミカルディスの有効成分はテルミサルタンというものです。これはレニンーアンギオテンシンーアルドステロン系という血液循環の調整に関わる機構に対して作用します。詳細に説明すると、アンギオテンシンIIという物質がアンギオテンシンAT1受容体に結合するのを阻害することで、レニンーアンギテンシンーアルドステロン系をストップさせます。これによって血管拡張、循環血液量減少などが起こり、血圧が下がります。ここではミカルディスの引き起こす副作用に関して説明します。まず血管を拡張させる効果があるので、低血圧、顔面紅潮、頭痛が起こることがあります。低血圧になるとめまいなどの症状が起こることがあります。これは軽微なものですが、もし腎機能の低下している方がミカルディスを服用した場合には、ミカルディスの血管拡張作用によって、腎臓への血流量が減少してしまい、腎機能低下をより進行させてしまうことがあります。ですから腎機能の低下している方は注意が必要です。